スポンサードリンク

ブロガー広告戦略

ブロガー広告戦略

Blogも少しづつマーケティング要素として認識されつつある。

自分も以前から考えていたことだが、マーケティング分野にITを取り入れて何か新しい戦略は無いかと模索していたところ、Blogが再浮上してきた。

Web2.0の考え方を紐解くと(概念については個人差があるかもしれないが)”双方向”という概念があげられる。

今まではHpやメールマガジンがインターネット上のツールとして活躍していたが、どちらも一方通行のコミュニケーションツールだった。

しかし、BlogやSNS、Wikiの登場により、ユーザー参加型=双方向のコミュニケーションが出来上がってきた。

それがWeb2.0の基礎であると共に、その考え方を取り入れた企業がグンを抜いて突出している。

Amazonがそのいい例だろう。

本のレビューをユーザーに書き込んでもらうことにより、ユーザーにもAmazonのコンテンツ作りに参加してもらっている。

企業にとってもっとも力を入れたいが、成果に結びついてないところがマーケティングとりわけ、インターネット上での広告ではないかと思う。

大手企業ではこぞってインターネット上で広告を打ったが、成果が出ていないため撤退したという話を聴いていたが、もしかしたら、アプローチの仕方を変えれば少ない予算で大きな成果が得られるのではないかと模索していたところ、ツールの使い方次第なんだと思わせる記事が書いてあったので下記に引用した。


まさしく、自分が考えていたマーケティング戦略を展開していたのが「アンカットテクノロジー」

大枠でいうとマーケティングとBlogの融合

そこに、自社の独自性とユーザー(ブロガー)を引き付けるサービスをいかに出していけるかが今後の焦点になってくる。

まだ企業がBlogをマーケティングツールとして認識し始めてきたところではあるが、アメリカではBlogの存在が大企業を変えているのも事実


今後の展開が楽しみだ。


iza!4月9日付記事

女性ブロガーの口コミマーケティング

女性ブロガー口コミマーケティング

PR会社グラムスリーがブログを利用したマーケティングを立ち上げた。

「デアトレ」
http://www.deatre.com/

コンセプトは

『流行に敏感で、自分磨きに努力を惜しまない、素敵な女性のための会員制参加型サイト』


ファッションや・ビューティー関係、グルメ情報など、もともと女性の情報発信のもとを辿ると”口コミ”が多く、

流行をいち早くキャッチした女性がその時々の流行を造っていく


「デアトレ」も会員となった女性にブログを利用してWeb上で口コミを広げてもらい、その情報とあわせて実際にサロンで体験してもらうこともできる

表参道にオープンしたサロンでは、スポンサー企業が用意した食品や飲料品、化粧品などが棚に置いてあり、会員は無料で体験できる。

参道のデアトレサロン表参道

今までは、ブログでの口コミ=情報発信は個人でも企業でも行われてきたが、

「デアトレ」を運営しているグラムスリーはサロンとの併用により、実際に体験できる環境を提供していることが画期的だ。

サロンも1つの情報発信の場として活用でき、そこで得た情報も「デアトレ」にUpされている。

ブログでの情報とサロンでの情報が上手くお互いの間でミックスされて、これからもON・OFFの両面で広がっていくだろう。

情報の発信は企業中心から消費者中心へとシフトしている。

企業はサービスや商品を無料で消費者に提供し、消費者が企業の提供する商品やサービスに対して”勝手”に口コミをする、

それがWeb2.0の特徴で、「デアトレ」はまさしくWeb2.0を象徴しているマーケティング戦略を展開している。

なお、「デアトレ」の会員登録はネット上から行うことができ、優れた情報を発信している人はサロンを使用することができる。

興味のある方は、一度覗いてみてはいかがだろうか?

「デアトレ」
http://www.deatre.com/


引用先:iza!4月4日付

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/it/internet/46086/

グーグルアドセンスに勝てるか?ドリコムの新サービススペースハンターの実力

グーグルアドセンスに勝てるか?
ドリコムの新サービススペースハンターの可能性

(株)ドリコムがインターネット広告市場に本格参入したのは記憶に新しい。

そのサービスが

「スペースハンター」

doricomスペースハンター.gif

https://spacehunter.drecom.jp/

だ。ドリコムによると、スペースハンターとは

『インターネット広告のマーケットプレース(インターネット上の広告取引市場)です。 媒体主様には、広告配信管理システムを無料でご提供いたします。』


アドセンスとの大きな違いは、スペースハンターは媒体主主体ということが言えるだろう(アドセンスは広告主主体)。

広告料金も、掲載開始時期も媒体主主体とされている。

広告主のメリットとしては、ピンポイントに載せたい媒体に広告を表示させることができる。


アドセンスは、グーグルが最適と判断した媒体に広告が表示
されるため、広告主は狙ったターゲットに広告を伝えることができない。

しかし媒体側の内容がしっかりしていれば、それに沿った広告がしっかり表示される。

その技術力がグーグルにはあるので、媒体主はアドセンス審査修了後、申請したサイト以外の媒体でもアドセンス広告を使うことができるが、

スペースハンターでは審査したサイト以外で広告を表示させることはできない。

その場合、別途審査を受ける必要がある。

アドセンスもスペースハンターも登録するときは無料で行うことができるが、

スペースハンターの場合、媒体主が自社の広告を配信する場合についてのみ無料で利用することができ、

スペースハンターのマーケットプレイス経由の広告を配信する際には利用料が必要になるという点が大きく異なる。

果たしてスペースハンターはどこまで広告市場に入り込んでいくことができるだろうか?続きを読む

キムタク効果はいかに?

キムタク効果で取り戻せるか?

キムタク効果はどこまで期待できるだろうか?

産経新聞社が昨年11月1日から創刊した日刊の朝刊紙SANKEI EXPRESSのCMに木村拓哉さんを起用しているが、

その第2弾が29日からフジテレビで放送される。

SANKEI EXPRESSは「大切なことがコンパクトにわかる」「都会の暮らしにぴったり」した内容の新感覚の新聞媒体で主に20歳代から30歳代前半の若者をターゲットとしている。

その象徴として、木村拓哉さんが取り上げられている。

7日間に渡ってSANKEI EXPRESSを購読して起こる騒動?をCMでは描いていくが、

新聞媒体も他の媒体に負けじと色々施策を試みているみたいだ。

今まではニュースといえば新聞、テレビ、ラジオの独占場だったが、

インターネット、こと最近だとBlogによる個人情報発信によるニュースに押されている感がする

CMやドラマにおいて絶大な人気と結果を残してきた木村拓哉さんだが、

この”キムタク”効果どこまで通じるだろうか?

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070329-00000004-sanspo-ent

キムタクCM
SANKEI EXPRESS
http://www.sankei-express.com

団塊世代のマーケティング

団塊世代のマーケティング


来年から続々団塊世代が退職を向かえる日本社会

そんな団塊世代に人気のあるサイトが

「交流居住のススメ●全国田舎暮らしガイド」
http://kouryu-kyoju.net/index.php

このサイトは総務省が管轄しているポータルサイトだが、

登録する350の自治体などのサイトへのアクセス件数が昨年7月の開設以降80万件を突破した

それだけ、団塊世代の田舎回帰傾向が強いことの現われだが、

ここに何か仕組みを仕掛けられるのではないだろうか?と考えている。

特に団塊世代は、まだ働き盛りであり、法律で決められた退職日に退職しているに過ぎない現状をみると

正直もったいないのではないかと思う。

特に、これから少子化による労働力不足が懸念されているので、

何か他の部分で補わなくてはいけない

団塊世代の労働力から新しいヒントが生まれる

今回の地方の活性化を図るサイトにもマーケティングの要素が十分詰まっている。


「交流居住のススメ 全国田舎暮らしガイド」のアクセス件数を見ても、団塊世代もパソコンを使いこなしつつある

パソコンも団塊世代が昔使っていた鉛筆や消しゴムや定規感覚で使いこなしてくる日もそう遠くはないだろう。

そのきに、彼らが参入しやすい環境を整える仕組みづくりをいかにこちら側が作れるか・・・それが今後の課題である

団塊世代のマーケットは馬鹿にならない

スポンサードリンク

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。