スポンサードリンク

グーグルアドセンスに勝てるか?ドリコムの新サービススペースハンターの実力

グーグルアドセンスに勝てるか?
ドリコムの新サービススペースハンターの可能性

(株)ドリコムがインターネット広告市場に本格参入したのは記憶に新しい。

そのサービスが

「スペースハンター」

doricomスペースハンター.gif

https://spacehunter.drecom.jp/

だ。ドリコムによると、スペースハンターとは

『インターネット広告のマーケットプレース(インターネット上の広告取引市場)です。 媒体主様には、広告配信管理システムを無料でご提供いたします。』


アドセンスとの大きな違いは、スペースハンターは媒体主主体ということが言えるだろう(アドセンスは広告主主体)。

広告料金も、掲載開始時期も媒体主主体とされている。

広告主のメリットとしては、ピンポイントに載せたい媒体に広告を表示させることができる。


アドセンスは、グーグルが最適と判断した媒体に広告が表示
されるため、広告主は狙ったターゲットに広告を伝えることができない。

しかし媒体側の内容がしっかりしていれば、それに沿った広告がしっかり表示される。

その技術力がグーグルにはあるので、媒体主はアドセンス審査修了後、申請したサイト以外の媒体でもアドセンス広告を使うことができるが、

スペースハンターでは審査したサイト以外で広告を表示させることはできない。

その場合、別途審査を受ける必要がある。

アドセンスもスペースハンターも登録するときは無料で行うことができるが、

スペースハンターの場合、媒体主が自社の広告を配信する場合についてのみ無料で利用することができ、

スペースハンターのマーケットプレイス経由の広告を配信する際には利用料が必要になるという点が大きく異なる。

果たしてスペースハンターはどこまで広告市場に入り込んでいくことができるだろうか?個人的には、アドセンスの使い勝手の良さが郡を抜いて優れていると思う。

アドセンスは審査に通ることによって、自分のコードを自由に扱うことができること(複数の媒体に使用することが可能)と、

無料で利用することができるという点が、多くの、特に個人にとって参加しやすくしている要因だと思う。

スペースハンターも無料で登録できるが、使い方によっては利用料がかかり、使える広告媒体に制限があることを考えると、

どうしてもアドセンス以上のメリットは見出せない

アドセンスとの違い・差別化をもっと明確に打ち出して、

スペースハンターを使うことによってどんなメリットが享受できるのか、これからの利便性に期待したい。 スポンサードリンク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/37452524

この記事へのトラックバック
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。